神戸の規格葬儀ってなに?メリットとデメリット

神戸規格葬儀メリットデメリット

神戸市には規格葬儀(きかくそうぎ)があります。

神戸市のHPによるとこのように書かれています。

規格葬儀とは、市民の皆様が経済的で安心な料金でご利用いただける葬儀のことです。

神戸市規格葬儀HPより
http://www.city.kobe.lg.jp/life/ceremony/memorial/funeral/index.html

低価格で一件お得に感じますが、内容を知らないまま利用すると損と感じてしまうことも。

ここでは神戸の規格葬儀をわかりやすく説明した上で、メリット・デメリットをお伝えします。

神戸市の規格葬儀をわかりやすく説明します

まずはじめに、神戸市の規格葬儀の仕組みをわかりやすく絵にしてみました。

神戸規格葬儀仕組み

神戸市を通せば、経済的で安心な料金で利用できるというワケです。

でも結論から申しますと、
私はおすすめしません。

なぜおすすめしないかはメリットとデメリットを見ていただければ一目瞭然です。

神戸規格葬儀のメリットは3つ

神戸規格葬儀のメリットは2つあります。

①神戸市民であればだれでも利用できる
②費用が安く設定されている
③選択の手間が省ける

メリット①神戸市民であればだれでも利用できる

亡くなった方が神戸市民であれば、だれでも利用することができます。

所得に制限もありません。

メリット②費用が安く設定されている

2つめのメリットは費用が安く設定されているところです。

ランク 大人 小人
(10歳未満)
特A級 378,214円 365,713円
A級 239,866円  227,365円
B級 189,862円 177,361円

祭壇や寝棺、霊柩車代、そして火葬料金まで含まれますから、良心的な価格だと思います。

(一般的な葬儀の相場は120~200万円と言われています。)

メリット③選択の手間が省ける

規格で決められたものを利用するので、選択の手間が省けるのもいい点です。

一般的な葬儀屋に頼むと、祭壇や寝棺の種類からランクまで一から全部自分で選択しないといけません。

これが思った以上に大変です。

ですから、決められたものを利用する点ではメリットが大きいです。

メリットだけ見ると、規格葬儀に気持ちが傾かれたかもしれません。しかし、デメリットをみてみるといいことばかりではないことにお気づきいただけると思います。

調べてみてわかった!神戸規格葬儀のデメリット

神戸規格葬儀のデメリットは3つあります。

❶葬儀場を選べない
❷追加料金が発生する

デメリット❶葬儀場を選べない

まず規格葬儀は提携している葬儀社でしか利用できません。

場所によっては不都合な部分もあるかと思いますので、

まず提携葬儀屋の場所を確認しましょう。

→提携葬儀社は神戸市のHPで確認できます。

デメリット❷追加料金が発生する

実は神戸規格葬儀には以下のものが含まれません。

(1)宗教関係費用
(2)会場費
(3)ドライアイス
(4)遺影写真
(5)供車(バス タクシー)
(6)会葬御礼 等

会場費やドライアイスは必ず必要になってきますから、追加料金が発生することは間違いありません。

もし全部追加したらどれぐらいになるのか計算してみました。

宗教関係費用 約3万円
会場費    約10万円
ドライアイス 約2万
遺影写真   約3万円
バスタクシー 約8万円
会葬御礼   約15,000円(500円の品×30名の場合)
合計  275,000円

※お通夜、告別式を約30名で執り行ったときの相場で見積もっています。

神戸市の規格葬儀B級を選んだとしても

B級189,862円+追加275,000円=464,862円

その他お坊さんへのお布施(約16万)や、食事代(約30万)を考えたら、

軽く100万弱ぐらいまで膨れ上がってしまいます。

規格葬儀は金額オーバーしてしまうということを頭に入れておいたほうがいいです。

 

規格葬儀提携の花六総本店(クレリ)さんにも電話して聞いてみました。

神戸市の規格葬儀を取り扱っている花六総本店(クレリ)さんに、実際のところはどうなのか電話して聞いてみました。

そちらで神戸規格葬儀も対応しているとのことですが
最終的にかかる金額ってクレリさんに直接お願いした場合とあまり変わらないですよね?
そうですね、神戸で規格葬儀をされた方はみなさんそのようにおっしゃいます。

やっぱり予想通りでした。

結局規格葬儀を利用したところで最終的にかかる金額はあまりかわりません。

ちょっと残念な結果ですね。

でも葬儀サービスなら、希望を叶えられるかもしれません。

■規格葬儀よりも内容が充実している
■一般的な葬儀屋に直接申し込むよりおトク

今、こうした葬儀サービスを利用する人が増えているんです。

規格葬儀よりもおすすめ!今話題の葬儀サービスとは?

葬儀サービスはお葬式に最低限必要なものがすべてプランになっているものです。

規格葬儀と同じく提携葬儀場を利用する形にはなりますが、プランの内容が充実しています。

項目 規格葬儀
B級189,862円
小さなお葬式
火葬式188,000円
飾付
霊柩車
火葬料
宗教関係費用 ×
会場費 × ×
ドライアイス ×
遺影写真 × ×
供車
(バス タクシー)
× ×
会葬御礼 × ×
安置料金 ×
役所手続き代行 ×
枕飾り一式
自宅飾り一式 ×

金額はどちらも18万円ほどですが、葬儀サービスは必要なものがほぼ揃っているので大きく追加料金がかかることもありません。

料金のことも考えるならこうした葬儀サービスも候補の一つとして挙げておくといいと思います。

葬儀サービスで有名なところは小さなお葬式です。

すでに15万件以上の実績があり全国対応なので、安心して任せられると思います。

私もこちらを検討中で、先日資料を取り寄せてみました。

小さなお葬式資料請求

あまり葬儀の知識がない私でも、パンフレットを見れば一目でわかる内容です。

おかげで具体的に葬儀のイメージができたので、取り寄せて正解でした。

見積もってみると神戸の規格葬儀よりも安く済みそうです。

小さなお葬式資料請求img

ちなみに資料の中にはエンディングノートや割引券も入っていました。

いざというときに役に立ちそうです。

今申し込めば2~3日後には届きます。

【小さなお葬式】資料請求ページへ

※資料は無料です