互助会は詐欺?!誰も教えてくれない真実とは

互助会詐欺

お葬式の準備をしていたら必ずどこかで耳にするのが「互助会」

互助会に入っておけば葬儀代金が全額まかなえるとかおいしい話を持ち掛けられるのですが

一方で「詐欺」とか「だまされた」みたいなクレームも後をたちません。

互助会は詐欺なのか?!

葬儀屋さんが話してくれない真実を語りたいと思います。




互助会は詐欺なの?

結論から言えば
互助会は詐欺ではありません。

でも詐欺と言われるのも無理ないな~と思います。

なぜなら解約金が高すぎるからです。

互助会の解約金は支払った金額の10~20%もかかるといわれています。

100万円支払っていたとしたら、解約手数料はなんと10~20万円!

こんなに高い手数料を取られては

「互助会は詐欺だ!」と言われても無理はありません。

こういったクレームがあとをたたず

互助会の解約金に関する苦情はなんと年間で2,000件超!

互助会相談件数

http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/shoryu/gojokai/pdf/report01_01_00.pdf

深刻な状態にあるのが事実です。

じゃあ互助会には絶対入らないほうがいいのか?と言われればそうではありません。

 🙂 利用したい葬儀屋が決まっている
🙂 家族のためにも備えておきたい

このようにお考えであれば互助会に入ったほうが安く済みます。

しかし

 😥 まだ利用する葬儀社は決めていない
 😥 そのときになって考えたい

と思われているのであれば、互助会に急いで入る必要はありません。

今の時代は格安葬儀が浸透してきているからです。

今の時代の葬儀には2つの選択肢がある

葬儀業界にも時代の流れがあり、今の時代は2つの選択肢があります。

①互助会
②格安葬儀

 

一体何が違うのか?

カンタンにお伝えするとこんな感じです。

互助会 格安葬儀
積立 必要 不要
解約金 10~20%
葬儀場 大手葬儀場が多い 大手の他に中小の葬儀社も含む

 

ではここからもう少し具体的に互助会と格安葬儀について説明します。

選択肢①互助会という選択

 💡 互助会とはこういうものです!

葬儀に備えてお金を準備しておき提携の式場で割引価格で葬儀を執り行う

互助会というと

「互いに助け合う会」
「将来の葬儀への積み立て」

こんなイメージをお持ちではないでしょうか?

でもそれは間違いです!

互助会とはこんなサービスです。

互助会仕組み図

 

互助会に支払ったお金はそのまま積み立てられているのではなく、葬儀屋さんの運営に使われています。

その代わり、葬儀を利用するときに割引しますよ!といったシステム。

これが互助会です。

言い換えれば互助会は貯金(積立)ではなく葬儀屋への投資!というわけです。

 

 

互助会のメリット・葬儀を割引価格で執り行ってもらえる
・家族間で使うことができる
・葬儀屋さんと顔見知りになるので、いざというとき対応が早い

 

互助会のデメリット・葬儀プランを自由に選べない(生前に契約したプランでの葬儀となる)
・解約金が高い
・家族(身内)が手続きしないといけない

 

互助会は葬儀屋さんと顔見知りになるのでいざというときに話が早いですが

自分が亡くなった場合、互助会を利用するには家族に手続きしてもらわなければいけません。

生前自分のために互助会でお金を準備していたのに、家族に伝えていなかったために互助会の存在が忘れ去られて、全く互助会と関係のない葬儀屋さんで葬儀をし、互助会が消滅したというケースはかなり多いです。

上記のメリットデメリットから
互助会をおすすめできるのはこんな人です。

☝互助会はこんな人におすすめ!

→お世話になる葬儀場が決まっている
→互助会の手続きをしてくれる家族や身内がいる
→家族のためにも備えておきたい

 

あなたの地域の互助会については【ごじょクル】という互助会専門サイトで確認することができます。

→ごじょクルで自分の地域の互助会を検索する

またごじょクルではお住まいの地域の互助会の資料を取り寄せることができます。

選択肢②格安葬儀という選択

 💡 格安葬儀とはこういうものです!

事前の積立なしで利用したいときに依頼する!無駄を省いた低価格葬儀

格安葬儀が互助会と大きく違うのは

事前の契約やお金を準備しておく必要がないという点です。

いざというときに依頼ができて、葬儀に最低限必要なものだけをそろえたシンプルなプランを提供してもらえるので

低価格で葬儀を執り行うことができます。

 

格安葬儀のメリット・事前にお金を準備する必要がない
・提携の葬儀場であれば、どの葬儀場でも低価格で利用できる

 

格安葬儀のデメリット・近所の空いている葬儀社を優先されるため当日までその葬儀屋さんになるかわからない

 

なんといっても事前に契約やお金の積み立てをしなくていいのに低価格で葬儀ができるのがメリットです。

ただ、依頼当日にならないとどの葬儀場になるかわからないというデメリットはあります。

とはいえ、あなたの自宅近隣の葬儀場になるので、極端に遠くなるということはないので安心です。

(あなたの自宅近隣の葬儀場がどこであるかは資料を取り寄せるとわかります。)

格安葬儀の資料はこちらから取り寄せできます

上記のメリットデメリットから
格安葬儀をおすすめできるのはこんな人です。

☝格安葬儀はこんな人におすすめ!

→そのときになってから葬儀の詳細を決めたい
→契約のリスクなしで利用したいときに利用したい

互助会と格安葬儀どっちがおトクなの?

ここまで読んでいただいて結局互助会と格安葬儀どっちがおトクなの?という疑問をお持ちかと思います。

結論から言えば、トータル的な金額はさほど差がありません!

とはいえ、互助会にも入らず格安葬儀も利用しなかった場合は数百万という莫大なお金がかかるので

必ずどちらかを利用したほうがいいのは確かです。

でもまだ今の段階でどちらがいいか決めかねていることだと思います。

(私も正直すぐには決められませんでした。)

まずはネットでいろいろ検索してみるのもいいですが、私の経験として

互助会と格安葬儀のそれぞれから資料をもらったほうが早いです!

住んでいる地域によって互助会の会社や格安葬儀の提携式場も異なるので

自分の地域にあった資料を送ってもらうのが一番です!

互助会の資料をもらうには?

お住まいの地域の互助会を検索するにはごじょクルというサイトが便利です!

→ごじょクル公式サイト

郵便番号を入れるだけでお住まいの地域の互助会がわかります。

あとは資料を請求するだけです!

(互助会に直接問い合わせるよりもごじょクルで資料請求したほうがエンディングノートがもらえておトクです!)

【互助会】の資料請求ページはこちら

格安葬儀の資料をもらうには?

格安葬儀を提供している会社はいくつかありますが、【小さなお葬式】が一番おすすめです。

全国に対応しているのはもちろん、定期的に自主調査を行っているので良心的な価格でプランを提供してくれているため安心して利用できる会社です。

小さなお葬式の資料では近所の提携葬儀社を最大10件ピックアップして資料として送ってもらえます。

葬儀社紹介

自分で葬儀社を探す手間も省けますし、資料を取り寄せるだけでも葬儀のプランや仕組みがわかりやすく準備が進めやすくなります。

またこちらも特典としてエンディングノートや割引券をもらうことができます。

いざ利用するときにも割引がきくので資料を取り寄せておくとおトクです。

もちろん資料の取り寄せは無料です!

今申し込めば2~3日後には届きます。

【小さなお葬式】資料請求ページはこちら